読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*MiriO*(ミリオ)ハンドメイドブログ

趣味から販売まで! アクセサリー、その他、ハンドメイドな日々のブログです。

ショップ名(屋号)が決まるまで【1】 ~フランス語で考えてみた~

こんにちは!

ハンドメイドアクセサリー店「MiriO」の kiko です。

 

ハンドメイドアクセサリーを出品するにあたり、ショップ名(屋号)を決めるのにエラく時間をかけました。

なんてったって、お店の顔になる部分ですからね。

出品者のほとんどがショップ名で出品しているminne(ミンネ)に出品するところからスタート・・・と思っていたので、本名は出さずにやっていきたかったから、ショップ名は大事だなぁと思いまして。

 

まずは、minne(ミンネ)やcreema(クリーマ)などのハンドメイドアプリをひたすら見て、他の方々はどんなショップ名をつけてるんだろう?と研究しました。

やっぱり、「工房」や「仕事場」という意味の「atelier」とつくショップ名は多いですね。「atelier〇〇」という感じで。

 

やっぱり、基本的に、フランス語は多い印象です。

ハンドメイド、雑貨、個人のショップ、アクセサリー、おしゃれ・・・

これらに合うイメージって、おしゃれなフランス語なんでしょうね。

 

じゃあ、ちょっと、フランス語で考えてみるか・・・?

アクセサリーだけでなく他のハンドメイド品も販売出来たら・・・という淡い野望もあり、商品に特化したネーミングにしない方がいいかな?と、私のイメージを表す単語がいいかも!と、色々考えてみました。

 

私のイメージ・・・「元気!」

ということで、候補の中に上がった単語の1つが、「 vivant 」。

「ヴィヴァント」と読むらしい。

色々調べると、「ヴィヴァン」と読む、とも出てくる。

「atelier vivant」「vivant」

読み方としては、「アトリエ・ヴィヴァント」「アトリエ・ヴィヴァン」

といったところか。

うん、響きもそんなに悪くない!

 

・・ではなぜ、この単語を使わず、「MiriO(ミリオ)」になったのか??

 

長くなっちゃったので、続きはまた次回~~!

 

minne.com